フリーランスエンジニアのスキル不足に注意すること

フリーランスエンジニアに発注してトラブルに遭った

フリーランスエンジニアに発注してトラブルに遭った | 業務上の連絡をしようと電話をかけても反応が遅い | 本契約をする前に規模の小さな案件を依頼してテスト

過去に会社のシステム関連の業務で、一部をフリーランスエンジニアに発注してトラブルに遭ったことがあります。
従来から業務を依頼している開発会社はあったのですが、そこと比較するとフリーランスエンジニアに発注したほうが費用が安く済むので経費節減のために決定した次第です。
また、開発を依頼しようとしていた部分はシステムの本体とは別に稼働するもので、コーディングの仕様が少しくらい違っても管理に影響ないだろうということで試験的に依頼したという背景もありました。
発注先に決めたフリーランスエンジニアは独立起業している人で、基本的に1人で作業を行なっていました。
仕様の打ち合わせにせよ端末を使った作業にせよ全て1人で担当していたので、仕様検討会議などもフットワークが軽く進められて当初は順調に進捗しているように思われました。
しかし、少しずつ小さなトラブルが発生しはじめました。